消費者金融の審査基準 フリーローン審査が通らない理由は?

checklist-1917547_640

融資の種類としてフリーローンがありますが、フリーローンは、無担保で借り入れができる上、使い道を報告する義務もないため、自由度が高いローンと言えます。

当然ですが、フリーローンもカードローンと同じように審査があります。フリーローンは審査が通ればすぐに借り入れができるのがメリットと言えます。

しかし、審査に通る人もいれば通らない人もいるのが現実です。では、審査が通らない理由は何でしょう。通らなかった人はその理油を知りたいと思うでしょう。

実は審査をした貸金業者に審査に落ちた理由を聞いても教えてもらえないのが現状なんです。言い方を変えれば、貸金業者は審査に落ちた理由を教える義務がないということです。

これは、あくまで想像の域を越えませんが、理由として、現在の借入額が大きく、総量規制の枠を超えてしまっている、または、過去に起こした金融事故情報が3つの信用情報機関に載っていて、たとえ全額返済していても削除されていない、といったことが考えられます。

総量規制とは、個人の借入総額の上限は「年収の3分の1まで」と制限されていて、その金額を超えて貸付することは原則として不可能ということです。基本的には消費者金融や信販系のキャッシングが対象になっていると考えてください。

反対に審査に通りやすくするポイントですが、大事なのは、返済能力になりますので、ひとつは安定した収入があるかどうかということです。また、会社での勤続年数や居住年数が長い人も通りやすい傾向があります。

初めてでもわかりやすい消費者金融のフリーローンの借り方

消費者金融のフリーローンは、担保や保証人がなくても、お金を借りられるローンです。審査があって、それに通れば、フリーローンを利用できるようになります。

フリーローンの借り方は、簡単です。インターネットを使って、フリーローンの会社を見つけます。自分に合ったところを選び、申し込むだけです。

この借り方は、どの会社にも共通しています。これ以外の借り方は、ありません。借り方は簡単ですが、消費者金融会社を選ぶのが難しい場合があります。いろいろな消費者金融があるので、どこにしようかと迷ってしまうのです。

金利で決めるのが良い方法です。金利は消費者金融ごとに異なっており、それが安いところもあります。金利が安いところから借りた方が、返済の時に楽になります。

一般に銀行のローンは、金利が安いと言われており、15%程度のことがあります。消費者金融系は金利が高く、18%のところが多いです。

フリーローンを申し込むときは、本人確認の書類が必要です。免許証や保険証を使います。それらをコピーして、ローンの会社に送ります。最近はカメラで撮影して、ネット上にアップロードする場合があります。

本人確認の後は、在籍確認があります。これはあなたが勤めている会社に、ローン会社の人が電話をするプロセスです。会社の名前ではなくて、個人名でかけてきます。本人確認と在籍確認が終わったら、お金を借りられるようになります。

早めに申し込めば、即日で借りられることがありますが、フリーローンなら若干金利は高めではあるものの、消費者金融が利便性が高くスピーディな対応です。

14時以降の借り入れ審査で融資される時間は?

nayamu

カードローンなどの金融商品の契約に必ず必要なのが審査ですが、審査が早ければそれだけ早期に借り入れを行うことができるようになります。しかし振り込みで融資をしてもらうためには、平日の銀行営業時間内に手続きを完了する必要があります。

14時以降に借り入れ審査の申し込みをした場合、その日のうちに借りることは可能なのでしょうか。

まず、金融機関によって審査速度は異なります。一般的に銀行のカードローンよりも消費者金融のほうが早く、融通の利いた審査を行っています。本審査で必要になる在籍確認も、給料明細や会社発行の保険証のコピーで完了してくれる消費者金融もあるのです。

審査の速い会社では最短30分程度で借り入れが可能になるところもありますので、14時以降に借り入れ審査の申し込みをしても、即日融資をしてもらえる可能性はあります。

しかしこれは最短であり、そのときの混雑状況次第では14時以降の申込では間に合わないこともあります。特に大型連休や年末などお金が必要になる時期には申し込みを多くなりますので、14時以降の申し込みでは必ず即日融資になるとは限りません。

早くにお金を借りたいのであれば、午前中に申し込みをしておくと良いでしょう。またネットからでは24時間いつでも申し込みもできます。

その後の手続きがスムーズに進むように、申込書に不備がないかどうか確認してから送信することも大切です。もし不備があると確認のための手続きに時間がかかってしまうこともあるのです。

最短で契約をするためには、ネットから申し込みをし、店頭や自動契約機でカードの受け取りをするのが最も早い手続き方法となります。